非金融系FPそばこと不確実な日々

2019年2月にCFPを取得しました。FPとして知っておいた方が良さそうなことを色々と書いていきます。

プロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学

90年代と言えば、新日本プロレス闘魂三銃士全日本プロレス四天王プロレスが全盛期の時代でした。

全日本プロレス四天王プロレスに至るには最初はジャンボ鶴田という大きな壁を乗り越えていく物語でした。そこから突出した4人のレスラーによる激しいプロレスに繋がっていったのが四天王プロレスであったと思います。

我々ファンは目の前で繰り広げられる激しいプロレスに一喜一憂し、興奮し、無責任な応援をしていたのでした(そう思うのは随分後のことですが)。

そんな四天王プロレスを繰り広げた4人で今もプロレスを続けている人はいません。唯一プロレスラーとしての引退をしていないのが川田利明さんですが、プロレスをしなくなって10年くらい経つそうです。

私が最後に川田選手を見たのはハッスルのリングであったと記憶しています。

さてそんな川田さんが出した本が「開業から3年いないに8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学」です。

川田さんがラーメン屋さんをやっていることはファンの間では有名なことなのです。それも随分長いことやっているのも知っています。

私にとっては生活圏にないところで営業されている店舗なので全く知らなかったのですが、有名人がやっているのだから、それなりに流行っているお店なのだろう。だからこそ長く続いているのだろう。と思っていました。

果たしてどんな本かと読んでみたのですが、想像以上にプロレスのことは書いていない、本当にラーメン屋を経営している方のリアルな告白といった感じの本でした。

川田さんはラーメン店を開業してから10年になるそうです。10年も続いているのだから、さぞ成功しているのだろうと思いきや、どうやらそうでもないようなのです。

謙遜もあるのかもしれませんが、相当にご苦労されていることは本文を読んでいれば分かります。

読んでいて思ったのが、立ち仕事のため体力的にキツい、休めない、お客さんの対応が大変である、金策が大変である、などなど。

普通の人に比べれば体力がある、お金もある、人脈もある、そんな川田さんがそう言うのですから、普通の人ならなおのことでしょう。

飲食店を始めるとなると料理をどうしたらいいのか、なんてことを私なら考えてしまうわけですが、料理とか味よりも他に大変なことが沢山あるのですね。

本文にもありましたが「飲食店にとって、もっとも大事なのはラベリング効果、味覚は1割もない」という話があるのだそうです。人気店になるには話題作りとか、ブランドイメージを付けるとか、そういったことの方が味よりも重要だということでしょう。

味を知らなくても、行列が出来ていたら美味しいのかな?と思って入ってしまうのも同じ様なことでしょう。

川田さんは味に拘っているために、それはそれで大変である、またそのための一手間にお客さんは金を払いたがらないということも書いていました。

この手の本は大体が成功譚でしょう。途中に大きな失敗があってもそれを乗り越えて大成功を手に入れたという類でしょう。

川田さんの本を読んで感じたのは、もし私が飲食店をやったら同じ様な失敗をするな、川田さんのように資金力がないからすぐ店を潰すなということでした。

あと客商売は大変だ、SNSは恐ろしいというのも改めて感じました。

この本にはビックリするくらい夢がありません。驚くくらいに現実が書かれています。それだけにもし飲食店を、特にラーメン屋さんを始めたいという方は一読するべきだと思いました。

私が個人的に好きだったのは、川田さんがラーメン店を始めた理由が、借りたテナントで前にやっていたお店がラーメン店だったから、そして居抜きで借りるから道具も揃ってると思っていたからだという点です。ちなみに道具も何も残っていなくて全て買うことになったようですが。

積立FXの実績(28週目)

積立FXの運用28週目です。

資金が少ないのと実験的な要素もあるので少額で実施します。

109円半ばから始まった米ドルは米ドル高の動きで110円台に到達、110円10銭ほどで週を終えました。

米は長期金利の上昇や株価指数の上昇もあり米ドル買いの流れになっているようです。

今週は300円を目安に積み立てるようにしていました。来週は引き続き300円目安での購入となりそうです。


購入履歴

日付 購入時レート 購入数
1/13 109.65円 2.69ドル
1/14 110.08円 2.68ドル
1/15 109.92円 2.69ドル
1/16 109.96円 2.69ドル
1/17 110.23円 2.68ドル


運用状況

購入残高(外貨) 500.91ドル
購入残高(円換算) 54,068.8496円
時価評価額 55,471.1990円
差引損益 1,402.3494円
平均購入価格 107.8890円
現在評価価格 110.14円
評価損益 1,039.7143円
スワップ 281.4908円


対象は米ドルで、毎日一定額を購入します。毎日購入の場合は11:30の為替レートでの購入となります。

レバレッジは1倍とします。

購入の仕方として外国通貨建てと円建てによる一定量購入が可能となっています。ドルコスト平均法の恩恵を享受したいので、円建てで一定額を毎日積み立てることにします。

なおレートが円高にあるときは厚めに、円安にあるときは薄めに購入するとどうなるか実験をしてみたいため、状況に応じて100円~500円を積み立てていきます。

為替レートにより円建てをしたときに多少金額にブレが出ます。例えば毎日100円ずつ購入したいとしてもピッタリ100円分購入とはならないようですので、若干ブレのあるドルコスト平均法ということになります。

社会保険手続きの電子申請義務化

以前から税に関しては電子申請が出来るようになっています。e-taxで個人が確定申告をすることも出来ます。

社会保険についてもe-gov(電子政府)を使って電子申請が出来るのですが、従来通りのやり方が楽だ、社労士さんに頼んでいるから従来のままでいいということで導入していないところも多いのではないでしょうか。

2020年4月から特定の法人に対して電子申請の義務化が適用されることになります。

特定の法人とは以下のような条件に該当する法人となります。

社労士さんや社労士法人に業務委託をしている場合でも、上記に該当する法人であれば電子申告が義務化となります。

ちなみに義務化は社会保険の手続き全てではなく、一部の手続きに対して適用されます。

健康保険、厚⽣年⾦保険
  • 被保険者報酬月額算定基礎届
  • 被保険者報酬月額変更届
  • 被保険者賞与支払届
労働保険 継続事業(一括有期事業を含む)を行う事業主が提出する以下の申告書
  • 年度更新に関する申告書(概算保険料申告書、確定保険料申告書、一般拠出⾦申告書)
  • 増加概算保険料申告書
雇用保険
  • 被保険者資格取得届
  • 被保険者資格喪失届
  • 被保険者転勤届
  • ⾼年齢雇用継続給付支給申請
  • 育児休業給付支給申請

電子申請は上述のe-govや対応しているソフトウェアで実行出来るとのことです。

電子申請の義務化は行政側の業務負担軽減やコスト削減という目的があるようです。

電子化されているものなら簡単に処理出来ることが、紙での手続きとなるとどれほどの手間か、想像するに難くないです。いやそんな大変そうなことしたくないです。実務に就いている方には敬服と感謝しかないです、本当に。

相手が大企業ともなれば負荷はなおのことでしょうね。

さてこの件、義務化の対象となっている会社さんからお話を伺ったことがあるのですが、どうにも何をしたらいいのか話が上がってこない、話がコロコロ変わるなどで苦労しているようです。

とりあえず電子申請をするに当たり電子証明書というものを取得しないといけないとのことで取得したけど、何だかよく分からない、本当に4月から義務化になるのかな、という声を聞くのです。

電子化することで行政の負担が軽減されるはず、なのですが、混乱はそれなりにあると思うような状況ですかね。