非金融系FPそばこと不確実な日々

2019年2月にCFPを取得しました。FPとして知っておいた方が良さそうなことを色々と書いていきます。

9月雇用統計

8日、米労働省が2021年9月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 50.0万人 19.4万人 失業率 5.1% 4.8% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は19.4万人増と予想を下回りました。せんけに続いて増加幅が縮小しました。失業率…

テーパリングとテーパー・タントラム

最近、よく聞くようになった単語「テーパリング」とは何でしょうか?近々テーパリングが開始されるよなんて聞いて、まあ関係ないしいいかと流している人も多いことでしょう。テーパリングとは「量的緩和策による金融資産購入額を徐々に減らしていくこと」を…

FOMC 次回会合でテーパリング開始決定もあるか?

22日にFOMCがありました。今回の注目は何と言ってもテーパリングがいつ開始されるか?というところにあったでしょう。パウエル議長の発言から見ると、景気の回復状況によってはテーパリングを早急に始める必要があるかもしれないということです。また景気回…

日経平均3万円超え、どこまで続くのか?

本日の日経平均は、前週末の終値と比べて65円53銭高の3万447円37銭となりました。8月31日に2万7690円から8連騰を含む大きな伸びを見せました。9月9日は前日終値を下回ったものの、8月31日以来10日連続で陽線をつけています。他国に遅れをとっていた日本市場…

20年目の9.11

あの大惨事だった9.11から20年が経ちました。長いこと生きていると思い出したくないもの、映像としてみたくないものというのが増えてくるものです。9.11も私にとってそのひとつです。昨日の夕飯が何だったか覚えていないのに、忘れたいことに限ってハッキリ…

8月雇用統計

3日、米労働省が2021年8月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 73.3万人 23.5万人 失業率 5.2% 5.2% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は23.5万人増と予想を大きく下回りました。失業率は5.2%と予想と同じ結果となり…

ジャクソンホール テーパリング年内開始を表明

前回のFOMCから、話題はもっぱらジャクソンホールとなっていました。ジャクソンホールとは米国ワイオミング州にある地名で、カンザスシティ連銀が毎年8月に開催する経済政策に関するシンポジウム「ジャクソンホール会議」のことを指します。この会議には世界…

7月雇用統計

6日、米労働省が2021年7月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 87.0万人 94.3万人 失業率 5.7% 5.4% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は94.3万人増と予想を上回りました。失業率は5.4%と予想より低い結果、また前月…

FOMC 今後複数の会合で経済の進展を確認

7月28日のFOMCで、FRBはゼロ金利政策と量的緩和政策の維持を決定しました。このスタンスはこれまでと変わらないものでしょう。ここ最近の注目は、テーパリングはいつなのか?という点にあると思います。テーパリング開始の目安のひとつに雇用状況があります…

ジュンク堂が仙台から消えた日

18日、ジュンク堂仙台TR店が閉店しました。kahoku.newsジュンク堂を頻繁に利用していた私にとっても残念な出来事でした。6月後半にジュンク堂に行った時に、閉店のお知らせが貼られていて、その日から7月18日が来るまでは実にあっという間のことでした。日に…

FFBE 幻影戦争で起きたことと、確率は難しい

「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」というスマホゲームがあります。 ✳︎以下FFBE 幻影戦争このゲーム内で6月29日に「不当景品類及び不当表示防止法第七条第一項の規程に基づく消費者庁の措置命令」という中々に…

6月雇用統計

2日、米労働省が2021年6月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 72.0万人 85.0万人 失業率 5.6% 5.9% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は85万人増と予想を上回りました。また前月より拡大しました。失業率は5.9%と予…

FOMC 金利上昇とテーパリング議論開始へ

16日、FRBはFOMCにおいてゼロ金利政策の解除方針を示しました。またテーパリングの議論を開始するかどうかについても明言は避けているものの、検討の可能性を匂わせたようです。これまで慎重な発言を続けてきたパウエル議長が、いつ利上げやテーパリングにつ…

5月雇用統計

4日、米労働省が2021年5月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 67.5万人 55.9万人 失業率 5.9% 5.8% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は55.9万人増となりましたが、市場予想を下回る結果となりました。失業率は5.8%…

4月雇用統計

7日、米労働省が2021年4月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 100.0万人 26.6万人 失業率 5.8% 6.1% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は26.6万人増となりましたが、市場予想を大きく下回る結果となりました。失業率…

FOMC ゼロ金利と量的緩和を維持

FRBは4月28日のFOMCで、ゼロ金利政策と量的緩和政策を引き続き維持していくことを決めました。参加者は今年、米経済成長率を6%とし、また物価上昇率が2%を突破するという見通しを立てているようです。その一方で従来通り23年末までのゼロ金利政策を継続す…

フジ・メディア・ホールディングスの外資規制違反とは何が問題なのか?

フジ・メディア・ホールディングスは、5日に2012年から14年にかけて、外国人株主の議決権比率が20%以上であった可能性があるという発表をしました。これは放送法で定める外資規制に違反していた可能性があるということになります。何でも議決権総数の算定方…

株価連動債とは何か?買うべきか?

先日、ある会社の社債が発行されるということで申し込みを受け付けていました。パッと見ると利率が10%となっているではありませんか。債券というと安全なイメージがあります。まず元本割れしないというイメージです。実際には国債でも元本割れしないという…

3月雇用統計

2日、米労働省が2021年3月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 66.0万人 91.6万人 失業率 6.0% 6.0% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は91.6万人増と市場予想を上回る大きなプラスとなりました。失業率は6.0%と0.2%…

新日本プロレス ゼビオアリーナ仙台大会での神対応とイベント中の災害について

20日の夕方、自宅でテレビを見ていたところ大きな揺れを感じました。1ヶ月ほど前に震度5の地震があったばかりなので、その時に比べれば冷静でしたが、それでもドキッとしながら長く大きな揺れが止まるのを待っていました。携帯やテレビ、そして外では自治体…

日銀金融政策決定会合の政策修正

各国の中央銀行が今後の対応を発表する中、19日に日銀が金融政策決定会合で政策の修正を決めました。主に3つの内容となっています。 貸出促進付利制度の創設 長期金利の変動幅をプラスマイナス0.25%に ETF買い付け方針の変更 1つ目の「貸出促進付利制度」と…

FOMC ゼロ金利政策を今後3年は継続の方針

17日、FOMC後の記者会見でパウエル議長は、景気回復が想定より早いこと、それはワクチン接種と財政出動の進展にあるとしました。今回のFOMCの注目は、金融緩和縮小があるのかどうかではなかったかと思います。それは景気回復の早さや株価上昇、長期金利の上…

10年目の3.11

あれから10年が経ちました。毎年この時期になるとニュースを見るのが辛い、いつか見れる日が来るかもしれないけれど今ではない、そう思いながら、やはり今年もニュースで震災の話題が出るとチャンネルを変えていました。今年は節目の10年というのもあったの…

2月雇用統計

5日、米労働省が2021年2月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 20.0万人 37.9万人 失業率 6.3% 6.2% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は37.9万人増と市場予想を上回る大きなプラスとなりました。失業率は6.2%と横ば…

米長期金利の上昇と株価の下落と

26日の東京株式市場で、日経平均は前日比1202円安の2万8966円という大きな下落を見せました。ここ最近グングン株価が上がり30000円を超えていた中での大きな下落には驚かされました。1202円という下げ幅は2016年6月以来、4年8ヶ月ぶりとなる大きなものだった…

30年半ぶりの日経平均3万円台回復

今週は景気の良い話が多かったように思えます。週始めの15日月曜日には、日経平均が3万円を突破しました。これは1990年8月以来のことで、30年半ぶりのこととなります。ニュースで年配の市場関係者や投資家がコメントを出しているのを聞いていて、バブルの頃…

健康保険料の負担はなぜ増えているのか

日経新聞によると、2009年から2019年の間に約半数の健保組合で従業員の負担割合を上げ、企業側の割合を下げていたとのことです。毎月の給料から引かれている健康保険料ですが、これは会社と従業員の両者で支払っているのです。支払われる給料の額により報酬…

1月雇用統計

5日、米労働省が2021年1月の雇用統計を発表しました。 予想 結果 非農業部門雇用者数変化 10.5万人 4.9万人 失業率 6.7% 6.3% 景気動向に敏感に反応する非農業部門の就業者数は4.9万人増と前月のマイナスという結果から一転プラスとなりましたが、市場予想を…

124年ぶりの2月2日の節分

恵方巻きやら豆まきやら、あちらこちらから入ってくる情報に、ああ今日は節分なんだなあと考えていました。あれ?でも節分って2月3日じゃなかったかな?と思って調べてみたところ、今年は2月2日が節分だと言うじゃないですか。それも2月2日が節分なのは124年…

FOMC ワクチン接種が今後の景気回復の鍵か

27日、FOMC終了後にFRBのパウエル議長の発言がありました。経済回復において、新型コロナウイルスの感染拡大が重荷となっていると言っています。夏あたりに急激に経済が回復したものの、そのペースは鈍っています。特に感染拡大やソーシャルティスタンス施作…