非金融系FPそばこと不確実な日々

2019年2月にCFPを取得しました。FPとして知っておいた方が良さそうなことを色々と書いていきます。

金融

ソフトバンクグループの巨大な赤字

5月18日にソフトバンクグループは2020年1~3月期連結最終損益が1兆4381億円の赤字であると発表しました。ちょっと想像もつかない額です。ちなみに前年同期は1271億円の赤字ということで、これも大きいのですが、その10倍超という額となっています。四半期の…

日経平均、2ヶ月ぶりの2万円台回復

4月30日の日経平均株価は、前日比422円50銭高の2万193円69銭で終えました。日経平均が2万円台になったのは3月6日以来のこととなります。米ギリアド・サイエンシズが、「レムデシビル」という新型コロナウイルスの治療薬として期待されている薬の臨床試験で有…

原油先物、史上初のマイナス価格

20日のニューヨーク原油先物市場で驚くようなことが起きました。なんと価格がマイナスとなったのです。これは史上初のことだそうです。その価格は1バレルマイナス37.63ドルとなっています。前日からは55.9ドル下落しています。正直、バレルという単位も価格…

ブレークイーブンインフレ率とは

ブレークイーブンインフレ率というものがあります。これは市場が推測する期待インフレ率となる指標です。BEIともいいます。期待インフレ率≒長期金利―実質金利という関係があります。一般的には10年利付債の流通利回りを長期金利、10年物価連動債の流通利回り…

日本企業のCP発行増の動き

日経電子版によると、日本企業でコマーシャルペーパー(CP)の発行が増えており、3月下旬時点で25兆円と過去最大になっているとのことです。 www.fpsobako.workこれは前年比で2割増ということです。新型コロナウイルスの影響により企業の収入が落ちているこ…

日経平均、週単位で過去最大の上げ幅

今日、27日の東京株式市場で、日経平均は前日比724円83銭高の1万9389円43銭で終わりました。今週は6週間連続で下落していたのですが、久々に週単位での株価上昇となりました。1週間でなんと2836円60銭の上昇となっており、これは1950年9月7日に指数を算出し…

配当基準日変更の可能性と混乱

昨日、SNSを見ていると配当基準日に関する情報が入ってきました。日本では3月決算の企業が多いことから、今の時期は配当や株主優待狙いの投資家が動きを見せる時期です。配当を受け取るには配当基準日にその株式を保有していなくてはいけません。実はその日…

敵対的買収とその対応策

先日モーサテでモーサテクイズを見ていたら敵対的買収に関するクイズが出題されていました。解答は4択で「ホワイトナイト」「クラウンジュエル」「ポイズンピル」「ゴールデンパラシュート」から選ぶというものでした。ホワイトナイトくらいは聞いたことがあ…

3月16日~20日までの株価の動き

この1週間も激しく株価が動きました。先週同様にダウと日経平均を振り返ってみましょう。まずは米ダウ工業株30種平均です。3月16日 前週末比2997ドル安の2万0188ドル。 12日に記録した過去最大の下げ幅(2352ドル)を更新。 一時3000ドルを超える下げ幅とな…

米の金利1.0%引き下げと日銀のETF買い強化

週始めの今朝のモーサテは随分豪華な顔ぶれでした。何かあったんだなと見ていると、FRBが金利引き下げを行ったということでした。FRBは17日からのFOMCを前倒して、15日に緊急利下げを行ったのでした。今回のFOMCで金利引き下げはあるだろうと言われていまし…

激しく値動きがあった1週間でした

後に歴史に残る1週間を経験したのかもしれません。米株式市場では9日に現制度の元で初めてサーキットブレーカーが発動しました。それから3日後の12日にもサーキットブレーカーが発動するという事態でした。www.fpsobako.work大荒れとなった株式市場ですが、…

サーキットブレーカーとは?

連日、暗いニュースばかりでウンザリの方が多いことでしょう。まして投資をしている人にとってはガッカリの上塗りのようなニュースが続きます。10日、日銀が保有するETFの損益分岐点は日経平均が19500円辺りであることを日銀黒田総裁が明らかにしました。そ…

落ちてくるナイフを掴むとケガをします

9日の東京株式市場では日経平均が大きく下落しました。前週末から1050円99銭安い、1万9698円76銭で終わりました。2万円を切っての終値2019年1月4日以来のことです。また1日で1050円下落という大きい下落もそうそう見かけるものではありませんが、これは18年2…

新型コロナウイルスを受けたFRBが緊急利下げしました

昨日3日、FRBが緊急利下げを実施しました。新型コロナウイルスの影響を受けての対応でした。0.5%の利下げでした。通常0.25%の利下げであるのですが、その倍での利下げということで強いメッセージを表しています。米国景気は底堅く、雇用も堅調で今年の利下げ…

3月初日は6営業日振りの上昇、そして日銀のETF大幅買い入れ

本日の日経平均株価は6営業日ぶりに上昇となりました。終値は前週末から201円12銭高い2万1344円8銭でした。日銀が資金供給をするという発表や、FRBの利下げがあるのではという予測、世界で金融緩和があるのではとの期待などによる反発と見られています。これ…

新型コロナウイルスによる大幅下げ

先週は新型コロナウイルスを起因とする市場の大幅な下落となりました。日経平均株価は1週間で2243円、米ダウ平均は3583ドルの下落となっています。過去の大きな下落となった時に比べられるほどの大きな下落となっています。今週どのような動きになるかは分か…

世界市場の大幅下落

3連休明けの今日は、やはり新型ウイルスの影響が心に引っかかるのか、いつもと違う気分で通勤しました。周りを見ているといつも以上にマスクをしている人が多い気がしてきます。電車に乗っていると「混雑を避けましょう。テレワークを活用しましょう。」と会…

円を売ってドルを買う

今日の為替相場は円安方向に大きく動いています。米ドル円は112円を超える場面も見せています。週の始めに109円台であったことを考えるとまさに急落です。日経新聞によると米景気の底堅さ と新型肺炎による経済への影響が限定的であるという見方からドル買い…

レパトリとは何か?

レパトリエーションという言葉があります。略してレパトリなどと言われるようです。リパトリとも言うようです。これは英語のrepatriationから来ているので、まあどちらでも良いでしょう。ここではレパトリと言うことにします。そもそものrepatriationという…

日経平均ゴールデンクロス間近ですが

先日のブルームバーグの記事によると、日経平均月足のゴールデンクロスが間近なのだそうです。www.bloomberg.co.jp何でも12ヶ月足と24ヶ月足のゴールデンクロスは長期のトレンドを見るのに有効で、またダマシも少なく信頼性が高いのだそうです。過去20年で2…

2020年の大発会の日経平均株価は下落

本日6日から2020年の日本株式市場が動き出しました。年初の取引が行われる日を大発会といいます。正確には「証券取引所の年始の最初の取引日に行われる催事」のことだそうですが、その日のことを大発会と呼ばれます。大発会の日はご祝儀相場などとも言われ、…

2019年米ドル円の値幅が過去最小を記録

2019年の米ドル円の値幅は2年連続で過去最小を記録したとのことです。日経新聞では8円30銭とありましたが、私の使っているチャートですと7円96銭と8円を切っていました。以下に2010年代の年間の米ドル円の値動きをまとめてみました。2019年は一気に値幅が小…

令和最初の大納会

本日30日、大納会を迎えた東京株式市場で日経平均は2万3656円62銭で終えました。これは大納会としては1990年以来29年ぶりの高値とのことです。昨年の大納会は2万14円77銭で終わっており、そこから考えると15%ほどの上昇で終わっています。2019年の大発会は散…

日経平均史上最高値から30年

1989年の12月29日、日経平均は史上最高値の3万8915円をつけました。そして今日、2019年12月29日はその日から30年になります。その後、低迷を続けてきた日本経済ですが現在2万3837円、2万4000円に届くかどうかというところにいます。30年前の状態は後にバブル…

株式等の損益通算

なぜ我々は株や投資信託を購入するのか?もちろん利益を上げたいからなんですよね。儲けたいから投資します。利益が出るとそこには税金がかかります。株式を売買して利益が出る、これを譲渡益などと言いますが、この利益に対して20.315%の税金がかかります。…

長期金利上昇とベーシススワップ

10日、長期金利が上昇しました。新発10年物国債の利回りは一時、前日比0.015%高い0%となりました。3月以来、約9ヶ月ぶりに10年物国債の利回りが0%台を記録しています。上がったと言って0%なんだ、という感じですが。長期金利の上昇については、海外投資家が…

国債利回りフラット化に向かうか?

現在の国債利回りは一時発生していた長期と短期の利回りが逆転する逆イールドカーブが改善し、長期利回りの方が高いイールドカーブとなっています。しかし長期利回りが下がってきており、長短金利差がないフラット化へと向かっているような様相もあります。…

日経平均2万3000円超え

日経平均は前週末に比べて401円22銭高の2万3251円99銭で今日の取引を終えました。中々超えなかった2万3000円を一気に超えた形となりました。トランプ政権が中国に対する制裁関税の一部を解除するという見方が出てきているようで、米中経済摩擦が緩和するので…

令和に入ってからの最高値更新をした日経平均

16日の株式市場において日経平均は年初来最高値を更新、終値は前日より265円71銭高い2万2472円92銭となりました。一時は前日比で400円を超える場面もありました。前日の米国株式相場が上昇、それに伴いリスクを取る流れとなった、また円安傾向から輸出関連企…

リスクとは?

「リスク」と聞いて、いいイメージを持つ人はいないことと思います。あの株を買うのはリスクが高いよ。この投資はビジネス的にリスクが高いでしょう。このシステムはセキュリティ上リスクが高いです。などなど。思いつくのはネガティブなイメージばかりです…